FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日時計だより

6月に入り 日時計の丘公園サイトは 
土曜日・日曜日は 満員御礼が続いています

梅雨の季節を迎えていますが 
全国的に猛暑日や真夏日を記録する暑い日が続いています


でも 里山に囲まれた風の谷のテントサイトは 
ふもとより1~2度涼しく感じるため

信州とまではいきませんが 快適に 
また暑さも楽しんでおられるキャンパーで賑わっています

普段の日のサイトは まだ空きがありますよ
ご利用いかがですか



日時計①(640)



さて 今回は なぜ“日時計の丘”公園と 
呼ばれているかをお話しますね


公園のある西脇市は 日本標準時制定の基準(子午線)である
東経135度が通っています

このことから “時(とき)”をテーマに 当公園内には 
5つの“時(とき)”に関係する「日時計」が 点在しています

日時計 時の広場(640)

写真を撮ったのは 何時かな?!   
カシャ! 13時ですね

公園内では 太陽の力を借りて 時間がわかるんですよ



世界の日時計(640)

これは サンフランシスコをはじめ 
世界の5カ国の時間がわかる「日時計」です



これは季節によって 自分が立つ位置で“時”がわかる「日時計」です

十二支の動物は 子どもたちのイス替わりです


かげぼうし日時計(640)


十二支日時計(640)


巨大なモニュメント「日時計」もありますよ


日時計②(640)


日時計③(640)


普段の生活のあわただしさを忘れ 自然の中で 

腕時計をはずし   小鳥たちの声で目覚め    

腹時計で食事をつくり

ゆっくりと  ゆったりと  くつろげる 

“時(とき)”を楽しんでください



むっ? ん!     

これは「日時計」ではありません


木①(640)


木②(640)


この穴は キツツキの仲間“コゲラ”のしわざです   

コンッ!コンッ!コンッ!と 
時の鐘ならぬくちばしで 木をたたく音が 
公園に聞こえ 
つがいで飛んでいる姿を よく見かけますよ


そんな のどかな“時(とき)”の
オートキャンプ場へいらっしゃいませんか

鳥たちも お待ちしていますよ

では では ・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日時計の丘

Author:日時計の丘

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日時計の丘公園
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。